top›面接での質問、転職回数が多いのはなぜですか

面接での質問、転職回数が多いのはなぜですか

<広告>

<広告>

欧米の会社では何度も転職を繰り返し、キャリアを積んでいくことも珍しくありませ ん。ですが、日本では腰の据わらない飽きっぽい人間と判断されることがあります。終 身雇用制が崩れ、能力主義が広まっている日本のビジネス社会でも、まだそうした考え 方が根強く残っているのです。

特に、在職期間が一年や二年に満たないと印象が悪いでしょう。次々と仕事を放り出 して会社を辞めるクセがあると見られ、それぞれの会社について辞めた理由を問い質さ れます。採用担当者にすれば、自社でも採用すれば、短期で放り出されるのではないか と、疑いの目で見ているのです。

その疑惑に答えるには、「信念に基づいて会社を替わってきた」ことを主張しなけれ ばなりません。会社をいくつも替わってきたということは、それぞれの会社で目標を達 成し、次の会社に移ったということであり、それを具体的に説明すれば、疑惑は晴れます。

何度も転職を繰り返す場合、二つのパターンが考えられます。

ひとつは、やりたいことが次々変わり、業種や職種を替えていくパターン。 これは、はたから見ると一貫性がなく、ルーズな印象を与えてしまいます。もし、あ なたがこういうパターンだとしたら、ひとつひとつの仕事を関連づけ、スキルアップや 自己実現において脈絡があるように説明しないと、納得してもらえないでしょう。

もうひとつのパターンは、同じ仕事を別の会社で続けていくという転職のしかたです。 これは、一見すると信念を貫いているように見えますが、同じ仕事ならひとつの会社で 続ければいいわけで、それができない欠陥があることにほかなりません。人間関係かト ラブルによるものか、何らかの問題行動があると邪推されるので注意しましょう。

転職回数が多い人は、まず自分がどのパターンの転職をしてきたのかを考え、 で「信念に基づいて転職してきた」ということを伝えましょう。

<広告>

中途採用面接コラム
転職面接と新卒面接の違い 企業が中途採用する理由 人事担当者の本音 面接以外のテスト対策
転職先の企業の情報収集 求人広告を見て企業に電話するときは 面接で好印象を与える服装 面接の基本マナー
転職面接の評価の3つのポイント 面接で給与のことを聞いてもいいのか お礼状、熱意状の書き方 面接前の事前準備
面接での質問、当社に応募した理由を聞かせてください 面接での質問、この仕事(職種)を選んだ理由は何ですか 面接での質問、当社に入社したら何をしたいですか 面接での質問、前の会社を辞めた理由は
面接での質問、転職回数が多いのはなぜですか 面接での質問、前の会社を辞めてからブランクがあるのはなぜですか 面接での質問、前の会社での仕事内容について教えてください 面接での質問、前の会社での実績は
面接での質問、前の会社で不満だったことは何ですか 面接での質問、前の会社で仕事上、失敗したことは何ですか 面接での質問、前の会社での人間関係はどうでしたか 面接での質問、あなたの特技は何ですか
面接でに質問、未経験の仕事ですが大丈夫ですか 面接での質問、当社のことをどの程度知っていますか 面接での質問、前の会社での給料はいくらでしたか 面接での質問、採用されたらいつから出社できますか
面接での質問、他の会社を受けていますか 面接での質問、結婚・出産後も働けますか 面接での質問、最後に何か質問ありますか 中途採用に必要な能力、一般事務(事務・受付・秘書)
中途採用に必要な能力、経理事務(経理・会計・財務) 中途採用に必要な能力、総務・人事・広報 中途採用に必要な能力、営業 中途採用に必要な能力、サービス・販売(ショップスタッフ、接客)
中途採用に必要な能力、企画・マーケティング 中途採用に必要な能力、マスコミ系職種(編集・制作・ライターなど) 中途採用に必要な能力、金融系職種(アナリスト・ファンドマネージャーなど) 中途採用に必要な能力、スペシャリスト系職種(コンサルティング・教師など)
中途採用に必要な能力、介護系職種(ケアワーカー・社会福祉士など) 中途採用に必要な能力、技術系職種 中途採用に必要な能力、IT、通信系職種 面接でのトラブル、時間に遅れそう
面接でのトラブル、急に面接に行けなくなってしまった 面接でのトラブル、面接中に携帯電話が鳴った 面接でのトラブル、圧迫面接を受けた 退職でのトラブル、会社を辞める歳に上司ともめてしまった
内定通知の返事のしかた 退職は2ヶ月前から準備しよう 退職1ヶ月前までにするべきこと 退職日、当日にするべきこと
退職したあとにすべきこと 新しい会社に入る前にするべきこと 退職願・挨拶状の書き方 履歴書の書き方の基本
履歴書は志望動機を重視して書く 職務経歴書の書き方 職務経歴書の三つのスタイル  

<広告>

<広告>